スクリプトサイドバープラグイン開発を開始するには

スクリプトサイドバープラグイン開発を開始するには


チュートリアルを参考にしてプラグインを開発する場合、あるいはゼロからプラグインの開発を開始する場合には、プラグインが配置されている場所を確認しておく必要があります。
プラグインが配置される場所を確認したら、ファイルおよびフォルダ構成を理解し、編集すべきファイルを確認しておきます。

スクリプトプラグインのフォルダ構造については、こちらで解説してありますので参考にしてください。

プラグインのフォルダを開く


メニューバーより[ファイル]-[ユーザ設定]-[設定フォルダを開く]を実行します。
メニューバーが表示されていない場合は下図を参考に設定フォルダを開いてください

設定フォルダが開かれます。
プラグインが配置されているのは設定フォルダ中の[plugins]フォルダです

解説による開発のベースとなるサンプルをインストールした状態の[plugins]フォルダは下図のようになっています。

[{400fa2e7-e95a-4710-b608-9faba000e179}]という名前のフォルダが開発のベースとなるサンプルのフォルダです。

開発のベースとなるサンプルのフォルダを確認する


[{400fa2e7-e95a-4710-b608-9faba000e179}]フォルダ中の[script]フォルダを開くと以下のファイルが確認できます。

編集する解析スクリプトファイルを確認する


[{400fa2e7-e95a-4710-b608-9faba000e179}]フォルダ中の[script]フォルダを開くと以下のファイルが確認できます。

解説によるプラグインの開発ではこの’sample.vbs’を変更することになります。

編集するXSLスタイルシートファイルを確認する


[resource]フォルダを開くと以下のファイルが確認できます。

解説によるプラグインの開発ではこの’sample.xslを変更することになります。

  • 次のSTEP 初級編へ

簡単なスクリプトサイドバープラグインの作成
必要最小限のオブジェクトとメソッドを用いてスクリプトプラグイン開発の基本的な作業を解説します。

高度なスクリプトサイドバープラグインの作成
組み込みのオブジェクトを利用してサイドバーに表示する内容の素となるXMLを作成し、対応するXSLスタイルシートを記述する方法を解説します。