Browser Helper Object(BHO)をLunascapeのプラグイン化する方法

はじめに


Browser Helper Object(BHO)を仕様に従ってプラグインフォルダに設置することで、Lunascapeのプラグイン化することができます。
Lunascapeのプラグインになると、Lunascapeの設定サイドバーから有効化・無効化を切り替えられるようになる他、ワンクリックプラグインやバージョン更新機能などがサポートされております。また、アーカイブ版で持ち運べるようになる等のメリットも得られます。

→BHOから、Lunascapeのタブ・お気に入りなどを操作する方法はこちら

BHOをLunascapeプラグインに準拠させるには


BHOをLunascapeプラグインに準拠させるためには、以下のフォルダ・ファイル配置でプラグインフォルダに設置します。
プラグインのフォルダ構造については、こちらで解説してありますのでご覧ください。

プラグインルートフォルダ plugin.config *.dll(BHO本体) その他BHO本体から利用される任意のフォルダ・ファイル群

BHOをLunascapeプラグインに準拠させるサンプル


ここでは、例としてLunascapeプラグインとして準拠させる方法を説明します。
ファイル名や製作元などの情報につきましては、ご自身が作成されたBHOの情報に適宜読み替えてください。

1.プラグインのGUIDでフォルダを作成します。
2.プラグインがインストールされているフォルダにあるファイル一式を 1.で作成したフォルダにコピーします。
3.プラグイン定義ファイル(plugin.config)を 1.で作成したフォルダに作成します。

{5297E905-1DFB-4A9C-9871-A4F95FD58945} plugin.config MyBHO.dll MyBHO.ini

plugin.config

<?xml version="1.0" ?> <plugin configversion="1.0" pluginversion="1.0.0.0" creator="Creator" creator_jpn="製作元" publisher="Publisher" publisher_jpn="配布元" link="http://www.lunascape.jp/" containerType="{14550EA4-0433-4d47-A48E-C21FDE8F1F5E}" guid="{5297E905-1DFB-4A9C-9871-A4F95FD58945}"> <component minContainerVersion="6.0.0.0" maxContainerVersion="6.9.*" targetContainerVersion="6.0.0.0" type="{78C7EF54-4C5E-4864-961E-931E1B886772}" modulePath="MyBHO.dll" name="MyBHO" icon="plugin.ico" clsid={5D860509-8C5F-4eec-966B-0F30539DE0FF} /> </plugin>

11行目の guid にプラグインのGUIDを指定します。
17行目の modulePath にプラグインファイルを指定します。
18行目の name にプラグインの名称を指定します。
20行目の clsid にプラグインのコンポーネントIDを指定します。

4. 1.で作成したフォルダを以下の手順でLunascapeのプラグインフォルダに移動します。

4-1. Lunascapeのメニューから [ファイル] – [ユーザ設定] – [設定フォルダを開く] をクリックします。
4-2. 4-1.で開かれたフォルダ内の [plugins] フォルダを選択して開きます。
4-3. 4-2.で開かれたフォルダ内に移動します。

画像:Lunascape_plugin_framework_folder_close.gifC:\Documents and Settings\***\Application Data\Lunascape\Lunascape6 plugins {5297E905-1DFB-4A9C-9871-A4F95FD58945} plugin.config MyBHO.dll MyBHO.ini

5.Lunascapeを再起動します。